投稿

最新の投稿

STG/I:第百六話:始まりの部屋

ビーナスは真っ白い通路をよつん這いになり進んでいた。
 円筒状、高低差あり、無数の支線、無数の小部屋、ウネリ。
 ヒトガタが通ることを中心に据えてないことは明らか。
 不便過ぎる。
 とても大きいかと思えば支線が無数にあり、支線の多くは人ひとりが横になって通れる程度のサイズしかない。
 四足歩行型や車輪のついた自走型は別な場所を通るのだろう。
 運搬物のサイズや用途によって通る場所が違うと推測した。
 それらしい広大な通路もあった。
 この支線はSTG28と同様に専用のキャリアーがいるのだろう。
 比較的サイズが小さな物が通るであろう支線。
 それは動いていた。
 まるで生きているように。

STG/I:第百五話:眠り姫

STG/I:第百四話:シナジー効果

STG/I:第百三話:未確認

STG/I:第百二話:コンタクト

STG/I:第百一話:隊長

STG/I:第百話:守り人

STG/I:第九十九話:盾

STG/I:第九十八話:ピンホール

STG/I:第九十七話:思い

STG/I:第九十六話:交錯

STG/I:第九十五話:そこにあるナニカ

STG/I:第九十四話:対峙

STG/I:第九十三話:分断

STG/I:第九十二話:陰陽

STG/I:第九十一話:レフトウイング

STG/I:第九十話:光

STG/I:第八十九話:贄